消化器内科takoitaのメモ

内科医takoitaのメモ

消化器内科後期研修医のメモ用ブログ 基本的に自分のまとめのコピペなので記事が重複している場合があります。なにかご指摘や追加の情報あればご連絡ください。

便秘に使う下剤

 
  • 浸透圧性下剤
浸透圧により便を軟化する事で排泄しやすくする。
 
塩類下剤
・酸化マグネシウム(マグミット®︎、マグラックス®)
腎機能低下例(eGFR<60)や長期間内服患者や高齢者の高Mg血症に注意。eGFR<30で使用不可。
活性型VitD製剤との併用で高Mg血症の恐れがある。
 
効果発現は8−10時間
 
用法用量:
2gを分3食後または眠前
 
クエン酸マグネシウム(マグコロール®︎)
マグコロールは液剤、マグコロールPは散剤(水に溶解して使用)となる。
下部内視鏡の前処置に使われる事が多い。
 
注意点は酸化マグネシウムと同じ。
 
効果発現は0.5−3時間
 
・水酸化マグネシウム(ミルマグ®)
酸化マグネシウムとほぼ同じ。
 
 
・リン酸二水素ナトリウム(ビジクリア®)
便秘への適応がなく、禁忌も多いため使用しない。
 
糖類下剤
ラクツロース(ラグノス®、モニラック®、ピアーレ®)
便秘症での保険適応なし。
適応症は産婦人科術後の排ガス・排便の促進、小児における便秘の改善のみ。
 
人工2糖類であり、大腸まで到達して水分泌を促進する。腸内環境改善作用もある。
スティック状の経口ゼリー剤であり、甘みがあって飲みやすい。
量の調節が容易。
 
糖類のため糖尿病患者では注意が必要。
使用数日で腹部膨満感などを生じるが通常は連用すると治まる。
 
便秘症での保険適応なし。
 
ラクチトール
便秘症での保険適応なし。
 
浸潤性下剤
下剤の中では効果が弱いと考えられ、合剤の形をとる。
ジオクチルソジウムスルホサクシネート(DSS、別名ドキュセートナトリウム)+カサンスラノールがビーマス®
ジオクチルソジウムスルホサクシネート(別名ドキュセートナトリウム)+ビサコジルがコーラックⅡ®
 
・ビーマス®
 
 
ポリエチレングリコール(モビコール®)
高分子化合物。
 
欧米では塩類下剤を使用できない際の第一選択。量の調節が容易であり、非吸収性のため安全性が高い。
粉末を溶解する手間がある(液剤として使用)。食料や飲料に混ぜて使える。
日本では小児のみ使用可?
 
 
  • 刺激性下剤
弛緩性便秘に対して使う。
痙攣性便秘では避ける
 
アントラキノン系
・センノシド(センナサイド®、プルゼニド®)
使用経験が豊富。
 
効果発現は8−10時間
 
作用強いが耐性生じやすい。
長期間連用すると大腸(偽)メラノーシスをきたし得る(大腸癌リスク?)。
赤〜燈色の尿が出る。
 
用法用量:
12~24mgを1日1回就寝前。最大48mg
 
・センナ(アジャストA®、ヨーデル®)
長期間連用すると大腸(偽)メラノーシスをきたし得る。
 
80mgを1日1回就寝前。最大240mg
 
・センナ実・センナ葉製剤(アローゼン®)
 
用法用量:
0.5~1gを1日1~2回
 
ジフェニルメタン系
体内に殆ど吸収されず、妊婦・授乳婦にも比較的安全。
長期使用による耐性が問題。
 
ピコスルファートナトリウム水和物(ラキソベロン®︎、ピコペン®)
慢性便秘症のレスキューとしては推奨される。
 
効果発現は7−12時間
腸管刺激薬の中では比較的緩徐に効いてくる
 
用法用量:
5~7.5mg/回を1日1回。最大は大腸検査で150mg
 
・ビサコジル(テレミンソフト®)
便秘症での保険適応なし。
 
10mg/回を1日1~2回(乳幼児)
 
小腸刺激剤
・ヒマシ油
 
直腸刺激剤
・炭酸水素ナトリウム坐剤(新レシカルボン®)
 
 
  • 膨張性下剤
便の量を増やすのは膨張性下剤のみ。
軽症~中等症の便秘の第一選択にもなりうる。
IBSや便秘症による下痢症状を緩和する可能性がある。
便秘薬による下痢がひどい場合は選択肢となる。
 
ただし、結腸通過時間遅延型便秘(STC)では症状が増悪する。
また、腹部膨満感や即効性は期待できないなど。
 
・カルボキシメチルセルロース(バルコーゼ®)
便秘症への適応あり。
薬物相互作用は殆どない。
 
飲みづらい。
妊婦への大量投与は避ける。
 
用法用量:
1.5~6g(2.0g~8.0g)分3(適宜増減)
 
・ポリカルボフィルカルシウム(コロネル®、ポリフル®)
便秘症での保険適応なし。
使うにはIBSの診断が必要。
散剤が無理なら錠剤もある。
 
Caを含むので薬物相互作用が多少ある。
 
用法用量:
1.5~3g分3を十分な量の水(コップ1杯)とともに服用。
 
 
  • 上皮機能変容薬
・ルビプロストン(アミティーザ®)
クロライドチャネルアクチベーター
 
消化管上皮細胞のCIC-2を活性化し、腸管内の水分泌を促進して軟便化する。
高齢者に使いやすい。効果が高い。
 
副作用:
若年女性で嘔気が出やすい。
妊産婦では使用禁忌。
 
用量:
24mgを1日2回。12mgに減量可。
 
 
・リナクロチド(リンゼス®)
グアニル酸シクラーゼC受容体アゴニスト
便秘症での保険適応なし。
 
便秘型IBSに適応がある。
 
消化管上皮細胞のGC-Cに作用し、腸管内の水分泌を促進して軟便化する。
腹痛・腹部不快感を改善させる効果もある。
非常に効果が強い。
 
副作用:
効果が強すぎるため水様便をきたすこともある。
 
用量:
効果が非常に強いため併用ではなく単剤から開始する。
2錠/日→1錠/日に減量可能。
 
 
  • 胆汁酸トランスポーター阻害薬
・エロビキシバット(グーフィス®)
 
胆汁酸トランスポーター(IBAT)を阻害し、胆汁酸の再吸収を抑制する事で、大腸内に流入する胆汁酸の量を増加させ、排便を促す。
 
機序が生理的であり、安全性が高い。
効果は強いが水様便をきたす事は比較的少ない。
 
用量:
2錠/日から開始。3錠/日に増量可能。
効きすぎたら1錠/日に減量可能。
 
 
  • 消化管運動改善薬
・モサプリド(ガスモチン®︎)
効果発現は1−3日
5−HT4受容体アゴニスト
 
用法用量:
5mg/回を1日3回
 
・エリスロマイシン(エリスロシン®)
モチリン受容体作動薬
基本は適応外。緊急時や他の手段が不可の場合のみ。
強皮症による便秘や小腸閉塞に有効ともいわれる。
 
耐性菌や連用による耐性の問題。
 
・ネオスチグミン(ワゴスチグミン®)
麻痺性イレウスやOgilvie症候群に用いられることがある。
 
用法用量:
2~2.5mgをiv(3分かけて)
ECG・SpO2モニターのもと、アトロピンivの準備をしておく。
 
・ベタネコール(ベサコリン®)
3環系抗うつ薬による便秘の改善に有効との報告もある。
 
10mgを内服
 
  • 坐薬・浣腸
・炭酸水素ナトリウム坐剤(新レシカルボン®)
 
挿入時体位は坐位または立位
 
作用発現は15~30分
 
副作用は放屁
 
・ビサコジル坐剤(テレミンソフト®)
 
挿入時体位は指定なし
 
作用発現は約60分
 
副作用は下痢・腹痛
 
 
挿入時体位は左側臥位
 
効果発現は15−30分
頻回使用は避ける
 
副作用は直腸穿孔・貧血・腎不全
 
・大黄甘草湯
大黄=センナ
 
効果発現は6−10時間
 
長期使用で大腸メラノーシス
甘草があるので低K血症きたしうる
 
・大建中湯
便秘症での保険適応なし。
イレウス改善の効果があるといわれる
5-HT4、5-HT3受容体刺激によりAch遊離を促進。
モチリン分泌を促進。
知覚神経におけ るTRPV1チャネルを介してサブスタンスPの遊離を促進。
 
 
  • その他
・ナルデメジン(スインプロイク®)
オピオイドによる便秘症を改善。
オピオイド誘発性便秘はオピオイドローテーションも選択肢。
 
副作用:
消化管穿孔の危険性が高まる恐れがああり、消化管閉塞又はその疑いのある患者、既往歴があり再発の恐れの高い患者には投与しない事。
 
 
  • リスト
 
分類
 
一般名
商品名
 
浸透圧性下剤
塩類下剤
マグミット
 
マグコロール®︎
 
ミルマグ®
 
 
糖類下剤
 
 
ラクツロース
ラグノス®
 
 
 
ラクチトール
 
 
浸潤性下剤
ジオクチルソジウムスルホサクシネート
ビーマス®
 
 
モビコール®
 
刺激性下剤
大腸刺激性下剤
センノシド
センナサイド®、プルゼニド®
 
 
センナ
アジャストA®、ヨーデル®、アローゼン®
 
 
ピコスルファートナトリウム水和物
 
 
ピサコジル
テレミンソフト®
 
 
 
 
膨張性下剤
 
カルボキシメチルセルロース
バルコーゼ®
 
 
ポリカルボフィルカルシウム
 
 
上皮機能変容薬
クロライドチャネルアクチベーター
ルビプロスト
アミティーザ®
 
グアニル酸シクラーゼC受容体アゴニスト
リナクロチド
リンゼス®
 
胆汁酸トランスポーター阻害薬
 
エロビキシバット
グーフィス®
 
腸管蠕動促進薬
 
 
 
 
大黄甘草湯
 
 
 
大建中湯
 
 
 
 
 
 
参考
ジェネラリストのための内科診断リファレンス
極論で語る消化器内科
日本消化器病学会関連研究会慢性便秘の診断・治療研究会編:慢性便秘症診療ガイドライン2017